2006年04月14日

堀込泰行〜キリンジ弟〜


昨日ご紹介した キリンジ
兄弟それぞれにソロアルバムを出しています。
今日は弟の泰行さんを聴いてみましょうか?


 ♪堀込泰行 『最低速度を守れ!』

 ♪堀込泰行 『燃え殻』


友人宅でライブ録画を見せてもらいましたが、
キリンジのようでキリンジじゃない…
ああ、やっぱり個性が出るんだなあ!
お兄ちゃんの高樹さんは生ライブで聴いたのですが、
比べると面白いですね。

ということで、次は堀込兄をご紹介予告。

明日明後日は沖縄(三人の侍)なので準備して今日は早く寝ます。
コメントなどは帰宅してからになるのでご容赦を…。

ではでは。

posted by border at 23:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | Music/PV

2006年04月13日

キリンジ〜堀込兄弟〜


東京は武蔵野、しっとりと雨が降っております。
雨音の邪魔をしないようなオトナな音楽をご紹介。
キリンジ です。


 sound&video Kirinji

 ※[Sound Tytle]で曲を選び、[Play]をクリックすると視聴可。

 ♪風を撃て
 ♪冬のオルカ
 ♪双子座グラフティ
 ♪牡羊座ラプソディ
 ♪アルカディア
 ♪グッデイ・グッバイ
 ♪君の胸に抱かれたい
 ♪エイリアンズ
 ♪雨は毛布のように
 ♪Drifter
 ♪ムラサキ★サンセット
 ♪鋼鉄の馬
 ♪スウィートソウルep


「エイリアンズ」は、リリース当時にFM局で
けっこうヘビロテされていたので、
聴いたことがある人がいるかもしれないですね。

たくさんの良曲からオススメなのはですね…

「アルカディア」とか「グッデイ・グッバイ」や
「雨は毛布のように」や「Drifter」や
「ムラサキ★サンセット」や「鋼鉄の馬」や…

うぅ…オススメが多すぎてまとめることができない。


最近は、名物プロデューサー・冨田恵一さんの
富田ラボ」にも参加してますよ。


当初彼らは 渋谷系 とか言われてたのですね。知らなかった。


その音楽性の多彩さ、クールなハイトーンボイスの美しさ、
言葉のコラージュ的レトリックの面白さ…

どれを取ってもありきたりでないのが凄いのですよ♪

posted by border at 22:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | Music/PV

2006年04月12日

サンボマスターと呼ぶんだぜ


世界はそれを愛と呼ぶんだぜ!


…はい、説明するまでもなくご存知でしょう。「電車男」ですね。


ソニー・ミュージック・オンラインにて、
期間限定のPVフル配信してます。36時間しかないので急ごう!

今回聞けるのは、次の3曲です。


 ♪手紙 〜来たるべき音楽として〜
 ♪世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
 ♪全ての夜と全ての朝にタンバリンを鳴らすのだ

 Sony Music Online Japan

 ※上記サイトのトップページにて、自動的にムービーが始まります。
   映像が止まると、各曲の視聴ボタンが表示されますよ。
 ※配信期間: 2006年4月12日12:00〜2006年4月13日24:00


渋谷109の巨大モニター上に映し出されたPVが
サンボマスターとの初遭遇です。

タクシー後部座席に楽器まで持ち込んだぎゅうぎゅう詰めの男3人組…
いやあ、見るからに暑そうだったけど…音楽も熱かったんだぜ。

これ以上ないくらいにストレートな詩と、
小気味よい出し惜しみ無しのロックンロール!

彼らの歌を聴いていると、ホントに胸がすっとします。
きれいなものも汚いものも、なにもかも吐き出せそうな突き抜け感。

ライブ・パフォーマンスも人気らしいので、
一度機会があったら行ってみたいですね。

posted by border at 22:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | Music/PV

2006年04月11日

プリンスの軌跡?


仕事は落ち着いているのですが、
なんかいろいろと忙しいです。週末は沖縄だし。

とりあえず、コレ見つけました。


 ♪Yahoo!動画 > 音楽 > プリンス

  ※配信期間:2006年6月29日まで


岡村靖幸 さんとか スガシカオ さんが
大ファンで音楽的影響を受けているとのこと。
聞き比べてみるのも一興かも。

私もこれから試聴しつつ、マイルームのお片付け。
よければご感想くださいな。

やっぱり濃いのかしら?(笑)

posted by border at 23:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | Music/PV

2006年04月10日

SPITZ SONG MOVIE


ちょっと変わったコラボものを見つけました。


 ♪Yahoo!動画 > 音楽 > SPITZ SONG MOVIE「海でのはなし。」

  ※配信期間:2006年6月29日まで


SPITZ SONG MOVIE 「海でのはなし。」 特集ページ
合わせてご覧ください。


PVの延長バージョンみたいな内容かと思いきや、
思ったよりシリアス…。

宮崎あおいちゃん、センシティブ で可愛い。
西島秀俊さんが感情を解き放つシーンで
ホタル」が流れるのはけっこう合ってて好きだなあ。

posted by border at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(2) | Music/PV

2006年04月07日

ジョージ・ベンソン的コスプレ


みなさん、待ちに待った金曜日ですよ〜。
今日は会社帰りに温泉&岩盤浴でリフレッシュしてきまっす。

なので、帰りが遅くなるから先にブログ更新して、
ゆっくりムードに浸れる ブラック・コンテンポラリー
ご紹介しときます。帰ったら私も聴こうっと。


 ♪Gyao > 音楽 > GEORGE BENSON

  ※配信期間:2006年5月1日(月)正午まで


ギタリストなのですが、甘いボーカルも評価されている人です。
隙のない演奏テクニックと歌唱力。
さらっと高度なことやってるところが憎いですねぇ。


Nothing's Gonna Change My Love For You」や、
Turn Your Love Around」なら聴いたことがある人もいるのでは?


こういう AOR 的な曲は、やはり都会で聴きたい。
例えば…


 都心のホテルに泊まり、ガラス越しに夜の街を眺めるときに。
 最上階のラウンジで、都会の夜景を眺めながらカクテルを飲むときに。


"そんな気取ったことできるかーーー!"
私もそう思います…年365日中364日は。

でもたまにはそんなアダルトな雰囲気に浸ってみたくなりませんか?
精神的コスプレって感じで…。 (*´▽`)ウフフフフ…

posted by border at 00:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | Music/PV

2006年04月06日

'80は素敵 ユーリズミックス


'80年代(エイティーズ)は私の青春です。

今日は ユーリズミックス の歴代PV&インタビューとライブ映像を。


 ♪Gyao > 音楽 > EURYTHMICS

  ※配信期間:2006年4月8日(土)正午まで


ミュージック・クリップを観ていると、
すっごくあの頃らしくて… タノシイ! (゚◇゚*)ノヽ(*゚◇゚)ノ ウキャキャキャキャ!


'80年代って、曲にしろファッションにしろスタイルにしろ…
いろんなものが融合&化学反応している時代って気がします。
おもちゃ箱をひっくり返したみたいに音楽が楽しかったイメージ。

シンセサイザーとかエレクトロニックな楽器が増えてきた頃で、
音がまだいかにも電気的でピコピコしてたりするんだけど、
それが珍しくて目新しいからいろんな方法で取り入れたり。

いま聴くとこっぱずかしい曲も多いんだけど(笑)
手を変え品を変えて…いろんなアレンジを実験して、
だけどドラマティックなメロディも持ち合わせていて。

ロックもポップスもダンス・ミュージックも…
なにもかもが、オールディーズとはまた違った
良さがあって新鮮でした。


ハワード・ジョーンズ、デュラン・デュラン、a-ha、
マドンナ、デヴィッド・ボウイ、ピーター・ガブリエル、
ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース、カルチャー・クラブ…
一発屋も含めたら書ききれない!

ああ楽しい♪

posted by border at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Music/PV

2006年04月05日

マーヴィン・ゲイふたたび


こういうのを「シンクロニシティ」っていうんでしょうか?
ふとwebを見ていたら、先日紹介したばかり
マーヴィン・ゲイのライブ映像を発見。


 ♪Gyao > 音楽 > MARVIN GAYE 「GREATEST HITS-LIVE 1976」


私自身もライブを見るのは初めてです。
1976年…おお、時代を感じるファッションやダンスだなあ。

…あれ?
コーラスのおねえさん!頭ボンバー過ぎない?(笑)


代表曲の「What's Going On」は反戦の象徴としても有名ですね。
曲は知ってても歌詞の意味を知らない人は多いのでは?
ちなみに対訳は コチラ

私がこの曲を初めて聴いたのは、
学生時代に好きだった シンディー・ローパーのカバー ですが、
作曲者本人が歌うのを聴くと、さらに切実さが増しますね。

弟がベトナム帰還兵だったことに触発されて作ったとのこと。
この戦争が終わっても…新たな争いが続けられているのは周知のとおりです。

その後もこの曲にリスペクトした
さまざまなミュージシャン達によって歌い継がれています。

かなわないと知っていても…
夢も見なくなったら人間おしまいだよね。

posted by border at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Music/PV

2006年04月04日

SOUL MAN


以前も取り上げた The Blues Brothers
今日は映像付きでご紹介しますね。


【注意】
今回のご紹介は「YouTube」というアメリカのビデオ共有サイト。
立ち上げから1年くらいの新しいサービスのため、
今後の運用や会社戦略が流動的である情報が出ています。
閲覧前に ココココ を読んでみてください。


納得していただけたら、この後3曲をお楽しみください。
個人的には「Soul Man」のダン・エルクロイドのみょーなダンスと、
「Shake A Tail Feather」のさすがなレイ・チャールズが超お気に入り♪


 ♪The Blues Brothers 『Soul Man』

 ♪The Blues Brothers with Ray Charles 『Shake A Tail Feather』

 ♪Aretha Franklin 『Think』

posted by border at 23:57 | Comment(2) | TrackBack(1) | Music/PV

2006年04月03日

ビートルズはポンキッキと共に


今日は見ごたえたっぷりの視聴サイトをご紹介します。
前編・後編合わせたら1時間以上は楽しめそうです。


 クリックするとフル視聴できます 『Paul McCartoney in St Petersburg.』

 ※予告無く配信期間が終了する場合があります。


 BIGLOBEストリーム > 音楽 > 洋楽ロックの貴重なLIVE-2


このバイタリティで60歳オーバーですよ?!
数年前の日本公演は運良く行けたのですが、
あの時もサービス精神全開のパフォーマンスが凄くて楽しかった♪


ビートルズ の曲をまず知ったのは、幼い頃の大人気番組。
かの「ひらけ!ポンキッキ」だったりします。
いま考えるとすごい番組。子供向けとは思えない高クオリティ。

まずはここで「When I'm 64」や「PLEASE PLEASE ME」と出逢います。
ただ、曲は知っていてもビートルズそのものは知りませんでした。


その後、改めてビートルズの洗礼を受けたのが中学3年の頃です。
FMラジオの番組でジョン・レノンの追悼特別プログラムとして、
ビートルズ特集を放送していたのでした。(何周忌だったかな?)
忘れもしない受験直前の12月8日。ジョンの命日でもあります。


これをエアチェック(もう死語ですよね…)したカセットテープ。
さすがにテープは伸びてしまったのですが、
ラベルはしっかり取っています。

これを元にいつか自分だけのオムニバスを作ろうと、
しつこく保存し続けて十数年…というか
数十年になってしまうのか?
いいかげん実現させよう。

特に誰のファンということもないのですが、
当時の私が"これ好きだな"と思うのは、
キャッチーでポップなポールの曲の方が多かったなあ。


あまりにも当時の記憶とリンクし過ぎて…

 冬の夜、試験勉強しながらラジオを聴いていて
 朝を迎えてしらじらと明ける空と冷たい空気。

 この頃読んでた村上春樹さんの「ノルウェイの森」と
 ビートルズの「Norwegian Wood」。
 深く静かな森、草や水のにおい。

…という風に、
その時録音したセットリストで聴くと、
当時の皮膚感や情景が浮かんでくるのです。

音楽ってこういうところが興味深い。


…という風に、ビートルズについては
とりとめもなく話が長くなってしまいました。
熱烈なファンでもないし…と思っていたのですが、
案外空気のようになくてはならないものになっているんだなあ。

続きはまたいつか。

posted by border at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Music/PV

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。