2006年04月28日

ユーミンの風景


とうとうゴールデン・ウィークがやってきましたね!
みなさんはどのようにお過ごしでしょうか?

私は明日、さっそくガーラ湯沢に
日帰り・春スキーに行ってきまっす。
スキー場に行くとなぜか思い出すのがこの曲なのです。


 ♪松任谷由美 『BLIZZARD』


ちょうど私の思春期突入から最盛期まで♪を彩ってくれた
松任谷由美 さんは人生にかかせないアーティストです。

ということで、個人的に思い入れが強くて
フル視聴できる曲を選んでみました。
昔の曲はなかなか見つけられなかったですが、
1990年代前後の数曲がありました。


 ♪'89のアルバム:LOVE WARS より 『WANDERERS』

 ♪'91のアルバム:DAWN PURPLE より 『情熱に届かない』

 ♪'96のアルバム:Cowgirl Dreamin' より 『最後の嘘』


うわあ…なんだか自分の○○記録みたいだ…。


 .......((((((ノ゚听)ノ 逃ゲヨウ


この人の「ルージュの伝言」というエッセイを読んだことが
あるのですが、とても面白いですよ。

 "ビブラートがうまくかからないなら、いっそノンビブラートにと言われ…"
 "私は恋愛ストーリーではなく、自分が描きたい情景をイメージしてる"
 "メロディーが線で、和音が色なの"

今、手元に本がないのでうろおぼえですが、
こういう感じのことを言ってました。

もともと風景が思い描ける曲が多いですが、美大出身と知って納得。
頭の中のイメージ画を音にしている感じなんだろうなあ…。
そこに硬質でクールな感じの声が、その風景を俯瞰的に見せている気がします。

だからこそ、聴いている私達も
自分の思い出の風景と重なって見えるのかもしれませんね。

posted by border at 22:34 | Comment(5) | TrackBack(1) | Music/PV

2006年04月26日

追憶のフィッシュマンズ


フィッシュマンズ ってご存知でしょうか?
ずいぶん前にボーカルの方が亡くなってから
大変残念に思っていたのですが、
ここ最近いろんな活動をはじめていたようです。


 クリックするとフル視聴できます 『FISHMANS THE LONG SEASON REVUE』


この人たちの曲との出会いってなぜか鮮明に覚えているのです。
新宿の2丁目か3丁目辺りのビル街をバイクで走っていたときに、
聴いていたFM局でかかっていたのです。

その時の歌のタイトルなどは忘れてしまったのですが、
浮遊するような曲調とあのボーカルを一発で覚えてしまいました。
その時はBGM的にぼーっとラジオを聴き流していただけのに、
一瞬にしてがっちりハートをわしづかみ。


それだけの個性を持っているってことなんですよね。
アーティストって凄いなあ…そういうものを創作できるんだもの。

音楽ジャンルとしては、「ダブ」と呼ばれるカテゴリらしいですね。
へえぇ〜初めて聞いた!ホント、独特だもの。


さきの映像は、いわゆるトリビュートものなので
ボーカルが違います。
本来のボーカルはこちらで試聴できます。ぜひぜひお試しを。


 クリックすると一部視聴できます 『空中 ベスト・オブ・フィッシュマンズ』 より7曲


また、こちらではPVの一部視聴ができますよ。


 クリックすると一部視聴できます フィッシュマンズ 『MY LIFE』


 クリックすると一部視聴できます フィッシュマンズ 『いかれたBaby』


本当に惜しい…。

posted by border at 22:31 | Comment(4) | TrackBack(0) | Music/PV

2006年04月25日

ELVIS THE KING


だんだん調子よくなってきた〜。
ノッてきたところで、"白人ロックのルーツ"とも言われる
エルヴィス・プレスリー のドキュメンタリーはいかがですか?


 Gyao > 音楽 > ELVIS PRESLEY

 ※公開期間:2006年5月24日(水)正午まで


ザ・ローリング・ストーンズキース・リチャーズ
ちょろっとインタビューに出てきたりします。
かっこいいちょいワルオヤジだなぁ… (´∀`)

エルヴィスの歌も次から次へと聴けてかなり楽しめます!
当時一般の歌と比べると、パフォーマンスも派手なのがよくわかる。
初期の頃からTVに出演するようになって以降、
動きがどんどんヒートアップしているのが楽しい♪

彼の人生前半辺りだけを抑えたような番組ですが、
彼の歌に影響を与えた黒人音楽との出会いなど、
思ったより内容が濃くて面白いです。

いまでは当然のように聴いているRockやPopsも、
昔は存在しなかったなんてなかなか実感が沸かなかったりします。
よく ザ・ビートルズ が現代ロックのルーツだと聞きますが、
さらにその前のロックンロールの"芽"みたいなモノを
切り開いたのがエルヴィス…って気がしますね。

posted by border at 21:59 | Comment(3) | TrackBack(1) | Music/PV

2006年04月24日

All Time スガシカオ +@


新曲を出したためか、あちらこちらで
Power Push 中の スガシカオ さん。営業中とも言います。(笑)
(彼は元社会人。元営業マンなのです)


 Yahoo!ミュージック > サウンドステーション > スガシカオ

 ※「この番組を聴く」ボタンをクリックすると、プレイヤー起動。


とりあえずコレをBGMにしながら…
おヒマなら 先日の沖縄旅行 の顛末記でもお読みください。
ヒマじゃない方は飛ばした方が賢明です…。


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


四人のくノ一〜沖縄裏旅情編〜


★うちなータイムの光と影

  15:35 ほぼ定刻どおりに那覇空港に到着。雨だ…。
  16:00 レンタカー会社の送迎車がようやく到着…まぁ、まだ余裕あるし。
  16:20 送迎車を降りるなり窓口に突進。受付一番乗りした。さあ出発だ!
  16:50 …やぁ〜っとレンタカーを渡してもらえた…。
  17:00 会場まで順調だと20〜30分ということだから…渋滞加味しても大丈夫だよね?
  17:25 …那覇市内の帰宅ラッシュを抜けられないよ〜〜〜。
  17:45 もう少し…ギリ間に合う!臨時駐車場が不安だが…。
  17:50 私、過ちを犯しました。 ここで左折でした!!! ☆(゚o(○==(>ο<)o 私ノバカー!
  17:55 カーナビの言うとおりに次のローソンで左に曲がれば間に合う…
  17:56 ローソンが無いぃぃぃぃぃぃぃぃ!!! ヘ(゚ロ゚;)ノ ナゼダッ!
  17:58 Uターン…オープニングの1曲目はあきらめます…ごめんなさい。
  18:10 向かいの守礼の門チックなT字路を左です。
  18:15 その先を右…やっぱり敷地内の駐車場は満車ね。ま、想定内。
  18:17 臨時駐車場はこの先のコンビニを左折して、漁港へ…はいはい。
  18:20 …なんか1km以上離れてるね。いや2kmか…。
  18:25 みごっとに漁港だ。とにかく車を止めよう。もう少しだ!
  18:28 ネットで調べておいた会場への送迎バスは…今年は無い?聞いてないヨ!
  18:30 とにかく行こう、歩こう…この辺りで無我の境地に到達。
  18:35 あ。タクシーがいる。乗ろう!
  18:37 (私達の乗ったタクシーの運ちゃん)ん〜会場ようわからんなぁ〜
  18:38 (信号待ちで隣に並んだ別のタクシーに)会場わかる〜?あ〜そう?
  18:39 隣のタクシーの運ちゃん、客も乗せないのに会場まで誘導してくれた。感涙…
  18:42 着いた!三人の侍を聴く!…前にお手洗いへ行かせてください!

  究極の状態の場合、本能欲求の方が強力だな…。

  とりあえず無事に着きました。
  ライブ開演も20分近く遅れていたようで、1〜2曲逃しただけで済んだ。やれやれ。 

  うちなータイム に惑わされ、救われた…嵐の3時間。
    
 
★三人の侍ライブ

  今回の旅のメイン♪詳細は コチラ にて。


★打ち上げ花火

  いろいろあったけど、ライブは本当に楽しかった♪
  終演後に会場を出ると… 琉球海炎祭 の花火が!!!
  あぁ…なんかいろんなトラブルもすべて報われたって感じ。
  今、この時にここにいてよかった!

  ライブ後は、時間に追われることもなく
  ご機嫌気分で那覇市内のホテルまでドライブ♪ドライブ♪
  カーステレオから、FM沖縄の「要のある音楽」という番組が…
  スタレビの要 さん!またの名を ROCKの要 さん!なんでこのタイミングで…(笑)

  ディープ・パープルの『BURN』 を流し、
  うんちく含蓄怒涛のいつものトークで笑わせてもらい、
  首を痛めてるはずの友人はハンドル持ったままヘッド・バンキング♪
  …途中で他の友人に止められましたが。

  私たちも頭の中が打ち上がっていたようです。


★もずく・海ぶどう・なにはなくともコラーゲン

  ホテルに着いて、ここからは食とお酒で打ち上げです。
  ホテルから徒歩1分のところに 古酒庵 というお店発見。
  店構えも落ち着いて良かったので入ってみたら…大当たりでした♪

  うわごとのように「コラーゲンコラーゲン」と言いながらミミガーを注文。
  島らっきょ。もずく。活海ぶどう。ちゃんぷるー。タコライス。てびち。なにはなくとも泡盛。
  あまり呑めない私もですが、お酒に強い友人たちも疲れのためかダウン気味。
  いつもより早めに切り上げてホテルに戻りました。

  ホテルに戻ったら…それはそれで妙な盛り上がりをみせて、
  友人相手に上目遣いで「ご主人様♪」をやってみたりと…なんだなんだなんなんだ!

  そんなこんな夜でしたが、ミミガーを追加注文するほど食べたせいか
  翌日はお肌のノリがよいと一同ご満悦でした。


★ヤギミルク

  最初はつまづきながらも、最終的に良い思い出で沖縄を旅立てる…はずが。
  那覇空港売店にて見つけたのはヤギミルク。
  まだ味わっていない地のモノがあった♪とばかりに即買いしました。飲みました。

  …リコッタチーズ(山羊チーズ)は好きなんですけどね。
  …赤ワインのお供にするような香りの強いチーズも平気なんですけどね。
  …臭みがあるといわれるジンギスカンとか美味しくいただけるんですけどね。

  ごめんなさい。誰だかわからないけどごめんなさい。

  一気に飲み干し、おやつ用に買ったサーターアンダギーを飲み込むように食し、
  とりあえず口の中の記憶を上書き保存しました。

  それでも胃の中に香りが残ってしまう。
  機内サービスのコーヒーをこれほど待ちわびたことはかつてありませんでした…。


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


そして現在に至る。 d(゚ー゚*) 終ワリ良ケレバスベテヨシ!!

posted by border at 23:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | Music/PV

2006年04月21日

三人の侍〜沖縄セットリスト〜


結局今日は会社を休みました…。
時期的に…沖縄から帰ってきた直後に風邪→気管支炎ですよ。
気温差が大きいのが呼吸器にまずかったんではと医者に言われました。
やはり沖縄は気候が違うとつくづく実感。

あぁ〜それでも楽しかったんだよ〜! (`□´)イイジャナイカー!

今回のセットリスト作成にあたっては、
自分の記憶&熱でぼーっとした頭では自信がないので、
みきぷぅさんのブログ have a nice day! や、
itaqura さんのブログ アディカンの足跡 を参考にさせていただきました。
ありがとうございます!
こちらの方々はMCについてもとても丁寧にレポされています。凄いな!


※「三人の侍」名義でのCDリリースは現時点で存在しません。
  なので、これから紹介するのは元歌の試聴となります。
  あの三人を思い浮かべながら、脳内補完してください…。


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


三人の侍〜旅情編〜
2006/4/15(Sat)
沖縄コンベンション劇場


☆Char & 奥田民生 & 山崎まさよし

 ♪Eagles 『Hotel California』
 ♪三人の侍のテーマ
 ♪The Beatles 『Nowhere Man』
 ♪ダークダックス 『銀色の道』
 ♪Ryu 『最初から今まで(冬のソナタのテーマ)』

☆奥田民生

 ♪奥田民生 『股旅(ジョンと)』
 ♪奥田民生 『さすらい』

☆奥田民生 & 山崎まさよし

 ♪山崎まさよし 『アレルギーの特効薬』

☆山崎まさよし

 ♪山崎まさよし 『十六夜』
 ♪山崎まさよし 『ヤサ男の夢』

☆山崎まさよし & Char

 ♪Char 『Black Shoes』

☆Char

 ♪Char 『All Around Me』
 ♪Char 『Amamo-Jack』

☆Char & 奥田民生

 ♪奥田民生 『ロボッチ』

☆Char & 奥田民生 & 山崎まさよし

 ♪The Beatles 『Come Together』
 ♪Char 『Tokyo Night』
 ♪The Doobie Brothers 『Listen to the music』
 ♪The Rolling Stones  『Sympathy For The Devil』 ※侍結成の元/若林さんの替え歌
 ♪ザ・キングトーンズ 『グッド・ナイト・ベイビー』

 アンコール
 ♪ザ・スパイダース 『エレクトリックおばあちゃん』
 ♪ザ・ダイナマイツ 『トンネル天国』
 ♪坂本九 『上を向いて歩こう』


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*




posted by border at 22:20 | Comment(5) | TrackBack(0) | Music/PV

2006年04月20日

エリック・クラプトン Live 2001


ギターの神様が降臨しました。
エリック・クラプトン だ!間違いない!
心行くまでライブ視聴をお楽しみください。

 クリックするとフル視聴できます Eric Clapton  『Live in California』

 ※予告無く配信期間が終了する場合があります。


ゆっくり楽しもうと思ったのですが、
会社から帰ってくると…体温が38.71度。

…おお、今年に入ってタイ記録の発熱だ!

途中から力尽きて寝ちゃうことでしょう。
渋〜いブルース・ギターを聴きたかったよ…。 .......( _ _)..。o○ ウトウト

今夜観た方がいましたら、ご感想お聞かせください。
週末にもう一回観てやる〜〜〜。

posted by border at 20:40 | Comment(3) | TrackBack(0) | Music/PV

2006年04月19日

You're Beautiful〜孤独な海〜


沖縄帰りの飛行機で「ノドが乾燥して痛いなぁ…」と思ったら
気管支炎一歩手前になりました。今年の冬は用心してたのに。
今回は早めに病院行って、大事を取って会社も休んじゃったけど…

 σ(TεT;) ケホッケホッ…喉アイタタタタ…

気を取り直そう。
最近(と言っても去年ですが)の洋楽ヒットチャートで
気に入ったのはジェイムス・ブラント
PVがフル視聴できますよ。


 ♪James Blunt 『You're Beautiful』

  ※もしも試聴できない場合は、コチラ でお楽しみください。


お正月にめずらしくTVを観ていた時期がありまして、
その時の音楽番組で"冬の海に飛び込む映像が…"って聞いた記憶が
あったので覚えていました。PVを観たら…当たりでした♪

映像の中でまっすぐなまなざしを向けて、
ひとつまたひとつと丁寧に身に着けているものを外してゆく姿が
なにかしら自分のいらないものをそぎ落としてゆく崇高な儀式みたい。

歌のタイトルとか曲の雰囲気では、
恋に破れた後の精神的自殺の歌かなあ…とか思っていましたけど、
もっと深いものも感じますね。ただ悲哀…ではなく浄化されてゆくような。

他の曲も聴いてみたいですね。声が良い♪

posted by border at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Music/PV

2006年04月18日

歪むスガシカオ


スガシカオさんの新曲が届きました!
しかも"19禁(?)"のPVをフルに視聴できます。


 ♪スガシカオ 『19才』

  ※公開期間:2006年4月17日〜2006年5月16日


いや、PVの噂は聞いていたんですけど…

  (/. \*)マズイ… (/. ゚\*)チラ

ぜひ自室でこっそりご鑑賞ください…特に10代の人。
でないと、緊急家族会議の呼び出しくらうと思われます。


前回も楽曲「サナギ」を提供したことのある
テレビアニメ「×××HOLiC」の主題歌とのこと。
CLAMP原作のコミックス1巻だけ読んだことがあるんですが、
ちょっと不条理な妖しい話でなかなか面白いです。
喪黒福造 的とでもいいましょうか…。(笑)


いつもならシングルカットされないような曲を…今回冒険しましたね。
スガマニアとしてはカッコよくて嬉しい限りですが。

シカオ的ファンク・ナンバーにダークな歌詞。
立ちくらむような…歪むような空間をつくりあげるところは本当に凄い。
日常からふっと異世界へ移行するのがかなりの快感です。

ツアーはこのシングル含めてアルバム完成しないと無理かな…
また早くライブに行きたいものです。

posted by border at 22:02 | Comment(4) | TrackBack(0) | Music/PV

2006年04月17日

ピアノマン Daniel Powter


3月に比べて残業が少なくなり、嬉しい限り。
なので、最近は他の音楽ブログなどを楽しむ余裕も出てきました。
その中で気になるミュージシャンをちょこっと発見。

今回はその中でPVが大好きな
ダニエル・パウター さんの曲をご紹介。


 ♪Daniel Powter 『Free Loop』


曲も声も映像もなにもかもいいなぁ…好みです。
小さな映画みたい。

英語はまったくの苦手の私でも、
音と映像で十分に伝わってくるものがあります。
大切なものを見つけて…失って…でもいつかまた得よう。
そういう感じかな?妙にせつなくなるな…

…と思ったら、音楽ブログ「Letters from Music」の中で
管理人さんが歌詞の一文を訳していらっしゃいました。
うわっ。言語の垣根を越えて…イメージ近い♪

あと、世間的にはこちらの曲の方が有名みたい。
これも良い曲ですね〜。


 ♪Daniel Powter 『Bad Day』


良質な音楽は、聴いているだけで
嬉しくなったり、悲しくなったり、元気が出たり、せつなかったり。
どんなに天邪鬼でも、メロディが鳴っている間は
素直になれるのが音楽の不思議…というかパワーですね!

posted by border at 23:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | Music/PV

2006年04月15日

堀込高樹〜キリンジ兄〜


お休みの日にめっちゃ早起きしてます…眠。 (=.=)..。○
青空の中、沖縄へ旅立ってきまっす♪

で、今日は 昨日の予告 どおり、
堀込高樹さんを聴いてくださいませ。


 ♪堀込高樹 『冬来たりなば』

 ♪堀込高樹 『絶交』


品川ステラボールにて、ソロ初ライブでした。
キリンジのメインボーカルは弟・泰行さんなので
"どういうライブになるんだろうか…"と若干の不安もあったのですが、
めちゃくちゃ良かったです。

妙に男性ファンが多い…マニアックな音楽性のせいでしょうか。
キリンジや本人ソロ曲と共に、
高樹風にアレンジしたカバー曲をびしばしやってくれたんですけど、
文句なしにかっこよかったんですけど、
…いやあ、カバーはQUEENの1曲しかわかりませんでした。

このライブのセットリスト情報をネットで見つけたんですけど、
カバー曲のラインナップはコレみたい。↓

 ♪Queen 『Fat Bottomed Girls』
 ♪Dan Hicks & His Hot Licks 『News From Up The Street』
 ♪Joni Mitchell 『Hissing of Summer Lawns』
   Angel 『The Fifth Avenue Band』
   FULLMOON 『Malibu』
 ♪Steely Dan 『With A Gun』

渋いな〜♪
スティーリー・ダンとか、名前しか知らなかったけれどかっこいい!
どの曲も60〜70年代くらいでしょうか?
ちょっとこの辺りもそのうち発掘してみたいものです。

posted by border at 07:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | Music/PV

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。