2006年05月08日

ゲド戦記〜物語の力〜


ゴールデン・ウィークはいつになく充実しておりました。
普段は、3日も休むと飽きてきて
「会社に行ってる方が暇しなくていいかも…」などと
奇特なことを考えたりするところですが、
今回は半分外出・半分自宅で本の整理…とメリハリあり。

生粋の活字中毒のため、自宅にいる間は本を整理するたびに
思わず中身を読んでしまい、そのたびに作業中断。
結局丸2日間かかりました。その間、生活時間は狂いまくり。
明け方の4時に寝て夕方の6時に起きちゃったり
…ほぼゾンビ状態です。

閑話休題。
それくらい本の魔力が凄いということが言いたかった!
小学生の頃は、ホームズやルパン、江戸川乱歩、ジュブナイル本や
冒険・ファンタジー・SF、神話・民話・絵本にいたるまで、
学校の図書館に入り浸って読んでいました。

その頃の私が飛びつきそうな映画が今夏封切られます。
スタジオジブリ の「ゲド戦記」です。
約3分間もの予告編を視聴できます。


 クリックするとフル視聴できます 『ゲド戦記』 公式サイト
 
 ※画面中央下の「Menu」より、
   「予告編」をクリックしてご覧ください。


予告編だけでも絵の美しさに感心してしまう。
満点の空と真っ黒な塔のシルエット、小雨が降りる薄曇りの森、
月明かりに照らされる草原など…
2次元の絵なのになんてリアルなんだろう。

あの宮崎駿さんの息子、宮崎吾朗さんが初監督をされたのですが、
その 監督日誌 の「第四十七回 写実を超えたリアル」の中で、
"絵ならではの豊かさを表現する"ことにこだわった経緯などが
記されています。
このブログ、大変こまめに更新されていて内容も濃い!
表現することに関して、また父・駿さんと同業に就くことへの想いなど
とても素直に率直に語っています。大変読みがいがありました。

また、挿入歌の「テルーの唄」がいいですね。
前述の予告編でも流れていますけど、物語のキーとなるらしいです。
遠い日のわらべうたみたいで沁みるなあ…と思ったら、
歌詞は 萩原朔太郎 さんからインスパイアされてたんですね。
作曲はあの 谷山浩子 さん。「ねこの森には帰れない」がなつかしい!
オールナイト・ニッポン第2部がなつかしい!


世界三大ファンタジー
指輪物語」「ナルニア国物語」「ゲド戦記」が、
これですべて映画化されたことになりましたね。

これらのファンタジー小説がなければ、
いわゆるロールプレイングゲーム(ドラクエ・FFなど)も
存在しなかったかもしれませんよ。
ゲーマーのみなさんは感謝必須!

また、児童文学として高い評価がありますが、
心理学や哲学とも取れるその深い内容には、
大人をも唸らせるものがあります。

今回はハリウッド映画ではなく、アニメーション製作なわけです。
他の実写化に比べて軽く見られるかな?…それはもったいない!

SFXなどをふんだんに使い、現実に再現するのももちろん面白いのですが、
2次元の"絵"だけで、どれだけの感覚的リアルを呼び覚ますのか、
そして受け継がれてきた"物語の力"をどれだけ表現できるのか。

…夏が大変楽しみになってまいりました♪


 P.S. ひさびさの更新で文章ボリュームが…乱筆すいません。 orz
posted by border at 23:05 | Comment(6) | TrackBack(1) | Movie/Drama
この記事へのコメント
ゲド戦記楽しみですね。
ファンタジーの実写化は「どーだ!この映像!!」ってカンジで情報量が多すぎて、観てても世界にトリップ出来ないのです。(あくまでも私の場合。)だから今回のアニメ化はすっごい楽しみ♪監督さんのプレッシャーは大変でしょうねぇ〜。日記ちまちま読んみよーっと。
Posted by 暴れ太鼓 at 2006年05月09日 12:46
私もゲド戦記、楽しみにしておりまする。
吾朗さんのプレッシャーは計り知れませんが、
そこはスタジオジブリ、きっちりやってくれるでしょうね。
ほんと、スターウォーズもこれらファンタジーが元ですものね♪
私も監督さんの日誌、読んでみよーっと!
Posted by あず at 2006年05月09日 19:55
>暴れ太鼓さん
制作スタッフの「制作日誌」も面白いですよ!
色使いについてのテクニックや外し技など…
私もデザイン科に行ってましたが
目からウロコ話の美術的ネタがふんだんにあります。
元美術部の暴れ太鼓さんにも面白いかと♪

>あずりーぬさん
プロデューサー鈴木敏夫氏も同意見みたいです。(スターウォーズ説)
このたび岩波書店から軽いソフトカバー版が発売されていて、
おもわず買ってしまったのですが、
(映画化に合わせて…見事に出版社の狙い通りです。カモ葱です)
1巻の"影"との戦いなんて…まさにSWの暗黒面ですよ!深いぜ。
フォースとともにあらんことを…。(-.-)
Posted by border at 2006年05月09日 22:43
ジブリ作品は、私にとって、娘達と一緒に観れる貴重な作品群であり、観る度に、心洗われるような気持ちになります。
夏公開ですか・・楽しみが増えました^^
感謝を込めて、ポチッ!
Posted by Kinta at 2006年05月09日 22:53
>Kintaさん
ぜひぜひ娘さんたちにも予告編を観せてあげてください〜。
夏休みのイベントがひとつ決まりましたね♪
Posted by border at 2006年05月10日 00:11
痴女・巨乳・癒し系の手コキをお楽しみ下さい(●^口^●) http://jp.gffz.biz
Posted by 朋子 at 2012年10月07日 08:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17555047

この記事へのトラックバック

乱歩NO.25・・・<死の十字路/1956年>
Excerpt: 死の十字路 製作:日活1956年  監督:井上梅次 出演:三国連太郎、新珠三千代 『はずみ』や『偶然』とは恐ろしいものだ。人の運命は時として、ふとしたはずみや偶然の出来事で大きく変わって..
Weblog: 飾釦
Tracked: 2006-05-09 23:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。